スマートフォンを説明してみる

スマートフォンとはどう言う物なのか分かりますか?簡単に言うと携帯電話にPDAなどの高機能が付いた物と言う事になります。

これだけ言うと、現在日本で普及している携帯電話にはメール機能、インターネットが出来るブラウザ機能、パソコンのインターネットが出来るフルブラウザ機能など搭載されている物が多い為に、これもスマートフォンと言う位置付けに来るのでは無いかと思いますが、携帯電話に搭載されているOSに関してアプリケーションがカスタマイズ出来るかどうかと言う事が基準となり、現在日本で主に使われている携帯電話は「ブラウザフォン」と言うように位置付けられているそうです。しかし、かなり「スマートフォン」に近い位置にいる「ブラウザフォン」と言うように思っていても良いと思います。

現在日本で発売されているスマートフォンの中で有名なのがソフトバンクを介して発売されている「iPhone」です。この「iPhone」が最初に発売されたのはアップル社がある米国で昨年世界に先駆けて発売されました。この中にはOSも独自性を発揮し、お洒落でユニークなものに仕上がっています。また、これは第三世代携帯電話と言う物と連携をしていて、世界各国で展開されていく事になると思います。そして日本では今年の夏にソフトバンクから発売になったと言う事になります。ipodの普及率がかなり高い日本では「iPhone」の認知度もかなり高い物となっているようです。

スマートフォンとは

スマートフォンと言う言葉をよく聞きますが、スマートフォンとは何の事か解りますか?

簡単に言うと「スマートフォン」とはコンピュータと携帯電話が合体した携帯電話の事です。

但しスマートフォンの定義は今と昔では少し違ってきていて昔は今私達が主流で使っている携帯電話のような、メールやインターネットが使えるような携帯電話の事もスマートフォンの類いと指していたのですが、近年に於いてはその定義も少し意味を狭めて、「アプリケーションの追加が出来る」「アプリケーションのアップデートが出来る」「アプリケーションのカスタマイズが出来る」「アプリケーションに携帯電話機能を付加させる事が出来る」と言う機能が付いた携帯電話に限定して言うように定義付けされました。

こう言う言い方をするようになった背景には海外での携帯電話の流行が影響していて、海外ではこう言った狭い意味でのスマートフォンの事を「Smart Phone」(スマートフォン)と呼んでいますし、広い意味でのスマートフォンの事を「Browser Phone」(ブラウザフォン)と呼んで区別しています。と言うことから日本でも広い意味でのスマートフォンから狭い意味でのスマートフォンに意味付けを変えたと言う事です。

海外ではノキアやモトローラなどでスマートフォンを発売しています。またアメリカではPalmと言うOSを搭載しているスマートフォンが人気あるようです。
日本ではノキアが最初に発売になりましたが、最近ではiphoneが発売されています。

スマートフォンの利便性

「スマートフォン」は、現在、日本と言うよりは海外の方で流行していると思うのですが、その理由としては携帯電話でありながら携帯電話のハードウェアにアプリケーションの取り込みができ、パソコンやPDAと言った機能も使う事が出来るという利便性にあるのではないかと思います。

例えばですがメールソフトやパソコンで言うMSN Messengerみたいなメッセンジャーソフトなども携帯電話にインストールして使う事が出来ますし、携帯電話なのにスマートフォンには新しいアプリケーションを追加してインストールして使う事も出来ると言う機能も付いています。またパソコンのようにアプリケーションをマルチで動かす事が出来る為に、裏でメッセンジャーを立ち上げつつ、その裏で別の操作をする事ができ、メッセージが入ってきたら振動などで知らせてくれるなどと言った事も出来ます。マルチで動かすのはパソコンで、振動で教えてくれるのは携帯電話の機能と言った良いとこ取りと言った感じでしょうか。

こんなに自由な感じで利用する事が出来るのはPDAで利用されてきたOSとか仕組みを利用して、更に携帯電話の機能もプラスしているからなのです。

これが利用されているスマートフォンには「Nokia 6630」がありますが、OS「Symbian OS 7.0s」が組み込まれています。また使用されている環境は「Series 60」と言う物ですが、これもこう言ったPDAの原理を利用している物なのです。こう言った環境を使用しているのはNokia以外だとソニー・エリクソンの端末でも利用されています。

スマートフォン向け料金プラン(ウィルコム)

スマートフォンを購入しようとした場合、まず考えるであろう事は料金プランだと思います。各携帯電話の会社では色々な料金設定を行っていますが大体はスマートフォン以外のブラウザフォンに対する料金設定が謳われていると思います。また同じ料金設定でもスマートフォンで利用出来ないプランだったり、スマートフォンでしか利用できないプランだったりとすると思いますので色々な会社のプランを検討する必要があると思います。

また、料金プランと言うのは使い方によっても適合するプランが変わってくると思いますので各会社に問い合わせして聞いてみるのも良いと思います。

ここでは、ウィルコムでスマートフォンを使う場合の料金プランをご紹介してみたいと思います。ウィルコムでは、「つなぎ放題[4x](月額9,765円)」「つなぎ放題(月額6,090円)」「ウィルコム定額プラン+リアルインターネットプラス(月額5,000円)」「ウィルコム定額プラン+データ定額(月額3,950円、または最大6,700円、またはパソコン利用時で最大9,200円)と言うプランがあります。

これは、パソコンを使ってのデータ通信を利用するかどうか、回線速度、通話の有無によってプランを分けている物で自分の用途によって比較検討してみて下さい。また利用するパケットによって料金が2段階に設定してある定額プランもありますので、使っていないのに毎月高いお金を払う必要が無いと言う事になります。

スマートフォン向け料金プラン(ソフトバンク)

ソフトバンクでスマートフォンを利用する場合の料金プランは2つありますのでご紹介してみたいと思います。

【料金プラン1】
以下のプランを全て組み合わせて使います。
・SSプランバリュー(ブループラン)月額1,890円
但し、この中には無料通話1,050円分が付いています。
また、自分割引MAX50適用者の場合は半額になりますので月額945円となります。)
・パケット定額Biz 月額5,985円
但し、この料金プランはブループランでのみ設定する事が出来ます。
・S!ベーシックパック 月額315円
メール機能を使いたい場合、WEB機能を使いたい場合に契約する料金プランです。
・ユニバーサルサービス料 月額7.35円

以上4つのコースを合わせて月額7,252円からご利用いただく事が出来ます。

【料金プラン2】
以下のプランを全て組み合わせて使います。
・ホワイトプラン+パケットし放題 月額11,641円

これは、メールの利用があまり無く、無線LANを主に使いたい場合、無料通話分が必要だと言う場合に便利な料金設定となっています。

と言った2つの料金コースが設定されています。

ソフトバンクで扱っているスマートフォンは基本的にはW-CDMAが対応されている3G端末となっています。機種によって下りの通信速度が変わって来るようです。

自分がどう言ったスマートフォンの使い方をするかによって、料金設定が変わってきますので自分で納得のいくように調べてみて下さいね。

スマートフォンを極めてみませんか?

今話題のスマートフォンをカッコよく極めて使いこなしてみませんか?スマートフォンと言うのは簡単に言ってしまえば携帯電話とパソコンの機能を併せ持った携帯電話型の端末です。日本ではそれほどスマートフォンのシェア率が高くはないのですが海外ではかなりの割合でスマートフォンが浸透していて人気を博しています。

これを受けてか今後日本でもスマートフォンの人気が高まり、注目を浴びる事になると思います。その証拠に現在様々な携帯電話会社ではスマートフォンの開発が進められていて発売される予定でいます。

また今ではスマートフォンにあらゆる機能がプラスされていて、GPSが付いているのは今や当然の話で、ワンセグや音楽を聴く機能など本当に様々な機能が追加されている様なのです。ここではそんな中大手docomoのスマートフォンについて少し説明してみたいと思います。

docomoで取り扱っているスマートフォンの中には、世界の中でも人気が高い「BlackBerry(ブラックベリー)」や、OSをWindowsMobileにしてある「hTc Z」など人気製品が続々と発売されてきています。また顧客が気になる料金設定もスマートフォン向けの料金設定「Biz・ホーダイ」と言うのを出すようになりますます顧客獲得に向けて充実度が図られていくようです。

docomoのすごい所は、2009年にはスマートフォンだけでも10機種は発売すると明言しているところで、今注目をしている人にとってはものすごく楽しみな話だと思います。

各社のスマートフォンについて

各社におけるスマートフォンについて説明してみたいと思います。

【KDDI au】
少し前まではスマートフォンの取り扱いをしないと言うような考えを発表していたauでしたが、2007年5月頃には現在スマートフォンを開発しているとの発表をしているとの考えを明らかにしました。

色々な分野においてauは人気商品を出して来ましたのでスマートフォンにおいても人気が集まりそうですね。

ここで焦点になるのはスマートフォンの使い勝手ですよね。あの大きさでパソコンのようなキーボード配列で行うよりは、携帯電話の文字盤の配列の方が使いやすいだろ言うと言う事からどのように開発されてくるのかとても楽しみだと思います。

【ソフトバンク】
ソフトバンクではスマートフォンがいくつか発売されており「X01HT」、「X01T」、「X02HT」と言うような充実したラインナップになっていて、今後も更に発売が期待できるような感じです。、OSはWindows Mobileを使用しています。
また2008年夏には「iPhone(アイフォン)」も登場し、更にスマートフォンの人気を集めたように思えます。デザイン性も利便性も追求したスマートフォンを是非試してみてはいかがでしょうか。

【WILLCOM】
元々はDDIポケットの事業を引き継いでいるウィルコムですが、その利点を生かしPHSを有効活用したスマートフォンが人気になっています。またモバイルPCへの接続などにも定評があり、現在のところラインナップの充実度は本当に良いと思います。

スマートフォンの特徴

スマートフォンとは一体どんな機能を持っているのか特徴を挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

【特徴1】
通常の携帯電話としての機能を使う事が出来ます。例えば「通話機能」「メール機能」「カメラ機能」「Web機能」です。現在日本で主流となっている携帯電話の機能と言えるでしょう。
もちろん赤外線通信が出来たりmicroSDカードを使う事が出来たりするスマートフォンもあります。

【特徴2】
パソコンと同じような機能を使う事が出来ます。例えばExcelやWordと言った表計算が出来る機能、ワープロ機能と言ったような機能です。
またメールが出来たりインターネットを使う事が出来たりと基本的なパソコン機能がスマートフォンで出来ると言ったようなイメージになると思いますが、パソコン機能の全てが出来ると言う訳ではありませんので予め認識をしておきましょう。

【特徴3】
ネットワーク環境として無線LANを使用する事が可能です。

【特徴4】
スマートフォンに使われているOSですが、日本で人気があるOSは「Windows Mobile」と「Symbian」と言う物になります。
「Windows Mobile」の見た目は普通のパソコンで見るWindowsの画面と同じような感じですので馴染みやすいと思います。

【スマートフォンの今後】
まだまだ日本ではスマートフォンの普及率は低いと思いますが今後普及率が高まっていくと思います。そうなるとちょっと今は手が出なかったスマートフォンがより身近な物として扱われる事になります。

スマートフォンをどう選んだらいいのでしょうか?

スマートフォンを選ぶ時の基準ですが、メリットはどの程度あるのか、コストはどの位かかるのか、利用目的に合う機能なのかと言う事を基準として考えてみてはいかがでしょうか。

下記にスマートフォンの主な機能を挙げてみましたので選ぶ時の参考にしてみて下さい。

【通話機能】
携帯電話なのですから通話が出来ると言う事は重要機能です。更に海外に行っても使える機能があるのならば更に良いです。

【メール機能】
通常の携帯電話ならば今は当たり前のように付いているメール機能も、スマートフォンになると付いてない場合がありますので確認が必要です。但しインターネットが接続出来ますのでPCメールならば使えますが勝手が悪いかもしれません。

【無線LAN機能】
スマートフォンはどこでもパソコン機能を使う事が出来ると言う点が利点だと思います。その為には無線LANが付いている事が必須になりますので、確認しましょう。

【OS】
スマートフォンを選ぶ時にはそれに搭載されているOSも非常に重要になってきます。今日本で出ているスマートフォンのOSは『Windows Mobile』『Symbian』『Linux』の3種類です。基本的にはどれを使ってもインターネットやメールは出来ますが、更にExcelやWordを使いたいのであれば『Windows Mobile』を選択するのがベストだと思います。

【ビジネス機能】
ExcelやWord、Powerpoint等、ビジネスで使いたい機能が付いているかどうかも選択基準になります。またスマートフォンとPCの互換性なんかも重要だと思いますので、確認してから買うようにしましょう。

スマートフォンを使いこなしましょう

スマートフォンとはパソコン機能を併せ持った携帯電話と思って頂ければいいと思いますが、現在日本での普及率はまだまだ低いと言わざるを得ない状況です。
その理由のひとつとしては値段の高さもあるかもしれません。

しかし、もし今もうスマートフォンを持っている、または買おうか検討していると言う方は是非スマートフォンを使いこなしてみてはいかがでしょうか。せっかくスマートフォンを手に入れているのですから使いこなさなければ意味がありませんよ。

スマートフォンには無線LANが付いている物が殆どです。スマートフォンの無線LAN機能を使うには至るところにあるホットスポットを利用するか、無線LAN環境がある場所で利用するかしなければなりません。そうするとメールやインターネットを使う事ができ、仕事もはかどると言う事に繋がります。

但し注意しなければならないのは料金面です。無線LANを使わない場合で、インターネット接続をする場合には通常の携帯電話と同じようにパケット通信をする事になりますので、別途パケット代、通信代がかかりますので料金設定等はきちんと確認しておく必要があります。

でもやはりスマートフォンをビジネスで使うとなるとコストや速度など多少使いにくい点が出てくると思います。ですから整った通信環境の元で使いこなせるようになるのがスマートフォンのいい所だと思います。
不便を便利に変えて、スマートフォンを使いこなせるようにしましょう。